商品より情報を仕入れましょう

皆さんこんにちわSRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

物販業界ではその参入障壁の低さから毎年かなりの人が参入しそして撤退してゆきます。
撤退されてゆく方達の原因の多くに

仕入れられないから」

という意見があります。

物販を営むにあたり必要なことはまず「仕入れ」です。
無在庫販売でない限り仕入れた商品があって初めて売ることができます。

確かに仕入れられないのであれば撤退はやむ負えません。

この「仕入れ」ですが

確かに数年前より遥かに厳しくなっていることは今までの投稿でも挙げてきました。

http://sedoretire.com/information/leave/

http://sedoretire.com/etc/futuresedora/

一時期の物販ブームにより競合者は増えました、また店舗では上記のような対策を次々と取ってゆき立ち行かなくなっているのも事実です。

仕入れがうまくゆかない方へ是非下記のことを実践していただきたい事があります

一般小売店では転売屋を犯罪者のように扱うところも多いです。

ですが我々も小売店でも勿論仕入れます。誤解して欲しくないのは決して日本全国の小売店が転売屋を悪と思っているわけではありません。
中には邪険にせず優遇してくれるところもあります、仕入れがうまくゆかない方はまずはそのような店舗を探しましょう。

そのお店で利益ある商品を仕入れられるかどうかはひとまず置いておきます。

まずお店(店員)の物販(転売)へのスタンスがウェルカムかどうかを探ってください。

ウェルカムなら通います。
週一でも構いません継続して通いましょう、そして話をどんどんしましょう。
その時の会話を情報として仕入れてゆきます。

この情報が大事なんです。

これが商品の仕入れに繋がります

話の中で勿論商品のこともそうですがお店の事情も教えてもらえると今後の判断材料になります。
商品に関しては店員は物を売るプロですので色々知っています。勉強になるでしょう。
逆にこちらから情報を提供することもあります、その情報のおかげで売り上げアップにつながったと感謝されたこともあります。

話すことによってきっと何かしらの気付きがあります。

我々が小売店に行く時は商品を仕入れに行っていません、基本的にその時に購入していません。
情報を仕入れ、その情報を元に商品に繋げます。

次回SRPで仕入れたつい最近の成功事例を
会員様限定でお話させていただきます。
ヤフーのトップニュースやテレビでも取り上げられた超人気商品での大量仕入れですので希少な情報となります。

商品がなかなか仕入れできない方はまずは情報を仕入れることに注力してみることをSRPはお薦めします。