上流の物販 ナノケアドライヤー180台仕入れ

こんにちわSRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

当ブログをご覧になられている方は少なからず転売に関わっていると思われますので
Panasonicの美容家電の主力商品の一つである「ナノケアドライヤー」はご存知でしょう。
こちらですね。

このナノケアですが先月の後半に仕入れ先から連絡があり
「ナノケア150台入ります、いかがでしょうか?」という案内がありました。
仕入れ値はここでは明かせませんが利益も取れる売価でしたので後に時間差で案内がきた追加30台も含めて180台全て仕入れました。
総額にしますと200万は超えています。

このナノケアは一昨年ぐらいまではそこまで販売に厳しくなかったのですが
昨年よりこちらもせどりの影響により大元のPanasonicが締めを徹底し「お一人様一台まで」の御触れを出しました。
御触れを受けた各小売店もPanasonicに嫌われてはおしまいですので徹底しているようです。

ですが実際にはこのような背景とはあまり関係なくSRPでは仕入れることが出来ています。

では何故SRPでは世間のせどらーは仕入れることができない商品や価格で買うことができるのか。

答えは我々が川で言う上流で活動しているからです。

川の上流の水は下流に比べると澄んでいますよね。また魚が下流より多いです。

物販にも上流、下流があります。
極端に言いますと

物販は上流

せどりは下流です。

せどりは下流で上流にいる方が釣り損ねた魚を釣って食べていきます。

それに比べて上流では先に魚にありつくことが出来ます。

美味しい魚がどうかの見極めは必要になってきますがそれでも次々に流れてきますので美味しい魚にありつける確率が圧倒的に高いです。

リアルな話ですと上流ならば選択肢に余裕があり下流の人に魚を売る事も出来るのです。

また上流は山の上の方になりますのでそこから見える景色も変わります

今まで見えてこなかった事も色々と見えるようになる事は間違いないでしょう。

下流(せどり)ではなく、

上流(物販)で活動し魚を獲り続けたい方

いつでもSRPまでご相談ください。