決算月の仕入れ方

こんにちわ
SRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です

今回は決算月での仕入れ方についてのお話です。

 

まず決算とは…Wikipediaより

物販をされている方は店舗側の決算月などは重点的に活動される方も多いかと思います。
調べたらどのお店が決算月かすぐに分かりますからね。

この決算月ですが確かに利益が取れやすいものは多くなってきます。
せどらーの方もかなり店舗に行かれていますね。

 

せどりのブログ等ではショッピングカート山盛りにした写真をアップしているのもよく見かけます。
「決算狙いでこんな仕入れが出来た!」とかですね。

確かにせどりはそれで構いません。

でもSRPではせどりをリタイアしたい方を応援していますので上記のような仕入れは推奨しません。

 

決算月は店舗側も数字が欲しいのでかなりの値下げをして商品を売り出しています。
ほぼ利益なしでも売ることはザラです。

とゆうことはそのような商品は一般的に仕入れ対象になりやすいですよね。

 

でも反対で考えてみてください。
あなたが店員でしたら、会社にとって利益ないそんな商品ばかりを購入する客に良い印象を受けますか?

受けないはずですよね?転売と知っていたらなおさらです。
そんな客の為に良い情報教えようとか、安くしようとか思いませんよね。

 

決算月は確かに企業の考えが読み取りやすい時期で仕入れには非常に有効な月です。
販売員も必死で売ろうとしてきます。

ですがそこに乗っかり他の方と同じことをしてては次にステップアップは出来ません。

SRPでは決して足元を見るなとは言いませんし弱みに付け込むなとも言いません。

 

ではせどりをリタイアするにはどんな仕入れをするべきか

相手の足元も弱みもしっかり見つつあえて高めに買う事も必要と考えます。

決算月に勇気を持ってこれを行うことが出来ればその後の効果は絶大でしょう。