Amazon規約変更 抜け道は?

こんにちはSRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

amazon規約変更の余波がかなり大きくなっていますね。衝撃でしたのはAmazon限定商品を過去も含めて販売者していたセラーは紐付けされ既にアカウント停止になっているという情報も上がってきております。

amazon限定商品はさすがに言い逃れは難しいかと思われます。

その点その他の規約変更につきましては幾つかの抜け道が公表されたりしているので、現在なんらかの対策はとれる模様です。

ですが我々はこの抜け道情報を耳にしましたが違和感を感じざるを得ません。

何故かというと

その抜け道は近いうちに必ず相手側に塞がれるからです。

というのはこれまで抜け道がずっと続いている例はありますでしょうか?

せどりの例で言いますと

例 

店舗でリサーチをしていて利益の出る商品があったので在庫を全て仕入れる

店側の対策

その購入者は転売目的と判断し次回来店した時の対策のため店頭に「お一人様1台まで」という張り紙を設置しておいた。

抜け道

後日来店し利益の出る商品を再び仕入れようとしたが「お一人様1台」と記載されており購入しようとしたら注意された、。なので仲間数人を呼び一個ずつ購入。

店側の対策

「1グループ1台なおかつ転売とみなした場合、販売を控えさせていただきます」と広告を記載し対策した。

抜け道  

転売ではないと言い切る。パーティなとで使うと言い切るも話の整合性が展開的に苦しくなりその店舗では仕入れしなくなる。

塞がりましたね。

いかがでしょうか?

抜け道続いていきますでしょうか?

インターネットでの仕入れに関しましても住所や名前、クレジットカードなどは勿論、IPアドレスを変更したりして購入するしかなく、複数個購入するのは既に至難の業となっております。

ひと昔前はメールアドレスを分けるだけで複数個購入可能でしたがやはりネットショップ側も次々と対策を強化してきます。

転売目的とみなされた時点でブラックリスト入りし購入不可となるお店も多いとの事です。
ですが決して抜け道そのものを否定しているわけではありません。

世の中のシステムを上手く抜ける道はあり有効的な事も多いです

だだし物販というビジネスを長期的に行っていきたいのにも関わらず、色々と偽ったりシステムの隙をついたりして抜け道を探す事に頭を使い続けるのはそれはもう矛盾に近いでしょう。

今はすり抜けられたとしても対策はいずれ絶対にされます。小手先のノウハウも同様でいずれ使えなくなります。

物販を長期的に行ってゆくならば方向性としては自ずと絞られてくるはずです。

今回のamazon規約変更によって影響が出た方はこれを良い機会として捉え方向性を突き詰めて考えてみてはいかがでしょうか?

SRPはせどりをリタイアし物販に移行するためのプロジェクトです。

その主旨の通り皆様の何かの指針となれれば幸いに思います。