amazon規約変更 「刈り取り」の終焉が糧となる方法

こんにちはSRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

先日、EC市場の巨人
amazonの出品の規約変更が行われました。

規約の変更点ですが以下の3点です。

「新品」として出品禁止の商品

1.個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

2.メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

3.Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

 

amazon出品者にとって特に重要なのが1と3

1についてはヤフーオークション、メルカリなど個人売買で仕入れた商品は出品できないということ

3についてはAmazonで購入した商品は出品できないということ。
つまりAmazon直販商品やAmazon限定商品は出品してはいけないということです。

 

当ブログを読者の皆様はご存知だと思いますがSRPでは上記の様な仕入れは行いませんし、また推奨もしていません。

全く影響の無い無関係の話です。

ですがSRP発足当初より警笛を鳴らしていた通りの展開になり、やはり時代の流れは止められないという事は我々だけでなく読者の皆様もお気づきになっておられることでしょう。

「ムリ  ムダ  ムラ

という言葉があります。
ムリをするとムダとムラが出来るという意味が含まれています。

物販ビジネスは古来より続いている真っ当なビジネスです。

ですが上記の「刈り取り」という手法は物販ビジネスとして見てみると少し「ムリ」を感じます。

確かにこの様な手法を構築しノウハウにして起こす考察力などは素晴らしいと思います。

ですが物販と続けてゆくには少々ムリがあります。

刈り取りというのはamazonから買ってamazonで売る手法です。
amazonというプラットホームを借りてビジネスをさせてもらってるならamazonに大切にされるセラー(販売者)になるべきです。

果たして刈り取りという手法でビジネスをしているこのセラーはamazonにとって優遇すべき良いセラーでしょうか?

その答えは今回の規約変更の結果が示す通りですね。

amazonにとって自社商品の刈り取りを主とするセラーはムダでありムラになってきているのです。

恐らく今後は上記の様なセラーは一掃されるような運びになるでしょう。
自ずと絞られてきます。amazon物販続けてゆくならばその絞られた中に入る事は必至です。

ではその絞られた中に入るにはどうしたら良いか?

そのためにも当ブログでは引き続き

「特別なノウハウなどは使わない普通であり王道である物販ビジネス」

の情報をお届けしてゆきますので是非ご参考にしていただけたらと思います