取引先の卸に行って感じたこと

みなさんこんにちわSRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

先日、取引先になる関東の卸問屋に行ってきました。
そこの問屋は年商数百億規模の会社です。
倉庫を見せてもらいましたがさすがの在庫量でしたね。

あまり写真を載せることはできませんが、これは一部にすぎません
テレビやパソコン、エアコンなどが各種数十台はありましたね。第五倉庫まであるそうです。
在庫金額ですとおそらく数十億はあるでしょう。

今日はそちらの会社の担当と話していて感じたことを記事にさせていただきます。

まず我々SRPは卸問屋からでも仕入れます。そしてコンスタントに月照1000万近い売り上げを立てます
この様なことを言うとよく耳にするのが

「卸から仕入れられるからでしょ」 とか「法人だからできるんでしょ」
この様なことを言われます。

これについて非常に違和感を感じざるをえません。
まず法人に関してですが、よくSRPの記事の引き合いに出される
「バルミューダトースター1000台仕入れ」または「美容家電のヤーマン1200台仕入れ」

バルミューダトースターを1,000台仕入れ!利益額は?


http://sedoretire.com/purchase/yaman/
現在では法人化して事務所を構えていますが、このバルミューダトースターやヤーマンを仕入れていた当時は法人ではありませんでした。
完全に個人として仕入れしていました。恐らく記事を読んだ方は「こんなの法人じゃないと出来ない」
そう思った方は多いはずですが個人仕入れです。「法人だからできる」これはありえません。

続いて卸仕入れに関してですが
これも皆さん非常に誤解していることがあります。
それは「卸から仕入れたらほとんど利益が取れる」と勘違いしている方が本当に多いのです。
はっきり言いますが断じてそんなことはありません。
現に今回も担当者から提示された商品全て利益が出るわけではありません。勿論やり方によっては仕入れ対象になりますが。

担当者と物販ビジネス全体について話していて気づいたのはやはり昨今の転売事情は年々厳しくなっていることです。
これから厳しくなっていくのは明白です。
小売店対策、メーカー規制、ますますエスカレートすることでしょう。

ですがそこで考えて欲しいのは自分自身のテーブルに「出来ない理由」と言うカードを並べることではなく
今現時点の自分の持てる力で「出来る方法」のカードをどんどん並べて考えて欲しいと思います。

法人じゃなく個人でも出来ます。卸から仕入れなくてもしっかり仕入れは出来ます。
現に我々も紆余曲折しこれまでその様な道を歩んできました。

いつの時代も勝ち残っていくのは常に考え進化し続ける者です。