せどりと物販の違いって何?

皆さんこんにちは。せどリタイアプロジェクト(SRP)運営局です。

 

今日はせどりと物販の違いについてです。

 

SRPでは名前の通りせどりをリタイア(退く事)する事を推奨していますので

基本的にせどりに関しては否定的な考え方です。

 

では何が違うのでしょうか

そもそも「物」を販売するビジネスになるので
せどりも物販ビジネスと言えますので結論から申しますと

 

明確な違いはありません

 

仕入れた商品を販売するというこの一連の内容は全く同じですのでこれといった違いはないように思えます

ですが仕入れ方法の違いでせどりと物販のすみ分けがしやすいのではないかと思われます。

直感的に画像で説明させていただきます。

物販

せどり

少し極端な例ですが当ブログをご覧いただいている読者様には画像だけでご理解いただけるかと思います。

 

上の画像はSPRのスタイルで仕入れた画像です

ケースで仕入れています。

 

上の画像は一見こじんまりとしていますね、反面下の画像は商品の山積みです

ここで

下の画像を見て「凄い!」とか「仕入れできて羨ましい」という方

 

よく考えてくみてださい

 

 

本来の目的を見失って違った方向に進んでいませんか?

 

転売を始めた理由の多くは

「転売で収入を増やし自由な時間を得たい」

が圧倒的に多いです。

 

ですが凄いと思った下の画像の過去は何があり、また未来には何が待っていますか?

 

  1. 副業の方などは貴重な休みを使って一日中車で何店舗も周り商品をかき集めます(まさに下の画像です)
  2. ヘトヘトになって帰って来たのに待っているのは膨大な数の出品作業
  3. 明日は本業ですので疲れを取るため出品は次の休みにしようとします
  4. 次の休みに出品作業をしていると仕入れた商品の見込みの利益が減っている
  5. なので新たな商品を探すためまた1に戻る

 

中には収穫の多い日もあるのでしょうが大なり小なりこの繰り返しですね。

 

 

いつになったら自由な時間が持てるのでしょうか

 

商品を沢山仕入れることが目的ですか?

 

時間増えるどころか減っていませんか?

 

 

「転売で収入を増やし自由な時間を得たい」

が目的だったはずです。

 

 

今やっているせどりスタイルに未来はあるのか、

これからも続けていけるのか

 

もう一度よく考えられることをSRP(せどリタイアプロジェクト)は強くおすすめします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SRP(せどリタイアプロジェクト)としての考え方では物販とせどりの違いは

「どう買うか」

を意識することで物販にもせどりにもなると認識しております。