現金とクレジットカード 仕入れに有利なのは?

みなさんこんにちわSRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

今日は少し違った角度から考えた
仕入れで決済する際の現金とクレジットカードの有利、不利についてお話させていただきます。

まず結論から言いますと
断然有利なのは間違いなくクレジットカード一択です。

キャッシュフロー的に先仕入れ、後払いのクレジットカードは断然有利です。
クレジットカードであれば現金はなくても先に仕入れし売り上げを立てその売り上げで回してゆくことも可能です。
ビジネスにおいて先に売り上げを立てることができるのは大きな武器です。

有名なのは生命保険などですね。
先に売り上げを立てといて何かあったら支払うという最高の後払いシステム。
まず資金が回ってゆきます。

クレジットカードには更に魅力的な利点があります。
それは皆さんおわかりのように「ポイント」ですね。

このポイントですが現代はどの会社も顧客囲い込みを目的として年々力を入れていっています。
うまく利用してクレジットカードで仕入れをして入れば生活費くらいは余裕でポイントで賄えます。
それについては他に詳しく書いてある様々なサイトがあるのでそちらをご覧になっていただければと思います。

これだけクレジットカードのメリットを書いていると現金のメリットは全く無いのでは?と思われてしまいますが
そうでは無いのです。

現金のメリットはこの一言に尽きます。

「信用」

まず現金に勝る信用はありません。

ただクレジットカードに勝るメリットはこれだけなんです。
ですが「信用(現金)」がある人ほど大きいビジネスに繋がる可能性が圧倒的に高いです。

例えば小売店などはメーカーや問屋から仕入れる際は基本はクレジットカードと同じ後払いの「掛売り」です。
ですが最初から「掛売り」のところは少ないです。
付き合いが浅くまだ信用が無い相手に対し「後払い(掛売り)でいいですよ」などのリスクのある取引はしません。
最初は現金取引が普通でしょう。

ですのでそんな中一番ものをゆうのは現金です。

現金が一番信用されます。

現金 > 売り上げ等の実績 

というシンプルな図になります。

大きく物販を展開してゆきたいなら現金は必要になってゆきます、クレジットカードでは限界があるのです。

要約するとどちらが有利か不利かはその置かれている立場によります。

大きく展開してゆくならば現金は必須
個人事業主であれば仕入れはメリットが多いクレジットカード一択でしょう。
ただやはり希望としてはどちらも後払いが理想なのは間違いないです。

今回は少し違った角度から仕入れの決済についてお話させていただきました。

当ブログやSRPへの感想やご質問、または物販におけるお悩み等ございましたら
必ずお答えしますのでお気兼ねなく上記より送ってください。