バルミューダとアイコス 先行者利益の得るもの

こんにちわ SRP(せどリタイアプロジェクト)運営局です。

当然ですがみなさん「先行者利益」という言葉はご存知しょうか?

先行者利益とは…競合他社よりも、いち早く新しい市場に参入したり、新製品を市場に導入することで、企業は多くの利益を手にすることができやすくなること

この先行者利益、今回のブログでは一商品(シリーズ、カテゴリー)についての例になりますがこれも同様で参入スピードが早ければ早いほど効果を発揮します。

例えば家電の「バルミューダトースター」
こちらの商品はテレビなどで紹介され一気にブームになり品薄になりました事は当ブログでもご紹介させていただきました。

それについてはこちらの記事になります。

http://sedoretire.com/purchase/balmuda/

これはプレミアになってから参入者が一気に増え価格競争が起こりました。
その為その波に飲まれる競合店が多く次々と減ってゆき最終的に残ったのはバルミューダ社本店と我々のみになりました。

この「バルミューダトースター」我々SRPは発売直後から月に100台以上は仕入れしていましたが
品薄になってからいきなり100台安く売って欲しいと願ったとしたら果たしてどうでしょうか

それは恐らく不可能でしょう。

品薄なのですから。
ですが我々はいち早く動いて仕入れしていましたので品薄になってからも安く仕入れ出来ていました。

このような先行者利益の商品で
去年から話題の「アイコス」があります。

ご存じの方も多いかと思われますがこのアイコスはいわゆる「加熱式タバコ」です。
従来のタバコに比べ煙の量が大分少なくても満足感はあるそうで年々肩身の狭くなってきている喫煙者には正に救世主だそうです。
このアイコスは去年あたりから一気に需要が高まりました。

原因は恐らく厚労省が行われた施策が発表されたからでしょう。
「飲食店、学校、病院敷地内全面禁煙」
この発表を聞いた喫煙者はこぞって従来のタバコからアイコスに切り替えようと殺到しました。

何故か?

それはアイコスはまだ「グレーゾーン」だからです。
アイコスも全面禁煙と発表されていないのです。
なので禁煙エリアでアイコスを吸っていてもまだ法律上では咎めることはできませんから吸っている人も時々見かけます。

そのグレーソーンはまだ解消されておらずこの先の動向は気になるとことです。

さてそのアイコスですが去年の爆発需要からずっと品薄が続きネット通販では現在でも若干ですがプレミアになっています。
転売界でも有名な商品として定着していますね。今では規制もかかっていますが。
このアイコス、最初に目をつけて一早く仕入れた方の洞察力、行動力は素晴らしいと思います。
正に先行者利益。さっさと大量に仕入れてさっさと売ったことでしょう。

ですがこのアイコスの転売ブームが来て「アイコスいいよ」
という流れに乗って行く方達、別に悪いとは言いませんがそれでは先行者利益にありつくことはできません。

皆がアイコスと言っているなら逆に普通のタバコに目を向けて「何か良い商品は無いか?」というくらいの視点が必要でしょう。

今回は先行者利益についてのお話をさせていただきました。

当ブログやSRPへの感想やご質問等ございましたら
必ずお答えしますのでお気兼ねなく上記より送ってください。